English
Website

シンガポールでビジネスを始める5つの理由

低い法人税率、誠実さ、品質、信頼性、高い生産性、法制度、グローバル人材の確保、知的財産権の行使を柱に、シンガポールはアジア太平洋地域への進出を目指す企業にとって最も魅力的な環境を提供しています。

この記事では、シンガポールをビジネスに選ぶべき理由と、シンガポールにアジア事業の本部を置くことを検討している企業に提供するメリットについて分析しています。


1) 優れた接続性と戦略的立地によるメリット

写真提供:チャンギ国際空港

シンガポールは、東南アジアの中心に位置し、インドや中国の巨大市場に近いこともあり、あらゆる業界の世界トップ企業の本拠地となっています。チャンギ国際空港には80社以上の国際航空会社が乗り入れており、330以上の都市と結ばれているほか、UPSやFedExといった大手物流企業も多数進出しています。

世界銀行が開発したベンチマーク・ツールであるロジスティクス・パフォーマンス・インデックスは、シンガポールをアジアでトップと評価しています。

さらに、シンガポールの海港インフラは過去20年間、アジアで最も優れていると評価しています。シンガポールのコンテナ港は世界で最も交通量が多く、200の船会社が123ヶ国、約600の港と結ばれています。

電気通信と情報技術の分野では、ブロードバンド・ネットワークが人口の99%に達し、国際・地域間接続は最終的に100ヶ国以上と27.6Tbpsを記録しています。

2) スタートアップの育成とビジネスに適したエコシステム

世界経済フォーラムの「グローバル競争力ランク(Ease of Doing Business Rank)」は、アジアで最も優れた知的財産保護、インフラ、インセンティブを提供していると評価しています。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit, EIU)は、シンガポールを地域的にも世界的にも最も魅力的な投資先の1つに常に位置づけています。

グローバル・イノベーション・インデックス(Global Innovation Index, GII)は、シンガポールのイノベーション・パフォーマンスにおいてアジアで最も優れた国として評価しています。

シンガポールは、起業家にとって資金調達が容易であることに加え、トリプルAランクの経済国として、事業拡大や投資のための安定した立地として高く評価されています。シンガポールには128行以上の商業銀行があり、その多くがシンガポールに本店を置き、各地域でサービスを展開しています。

また、31のマーチャント・バンク(商業銀行)と604のキャピタル・マーケット・サービスのライセンス・ホルダーがシンガポールに存在します。アジアにおけるウェルスマネジメントと投資の中心地でもあり、世界第3位の外国為替取引センターである「Singapore Exchange(シンガポール取引所、SGX)」があります。

シンガポール政府は、この国を活発な新興企業エコシステムに向けて推進する役割を担っており、その取り組みの一つとして、「スタートアップSG」と呼ばれるもので、起業家が地域の支援イニシアティブにアクセスしたり、グローバルな起業家ネットワークに接続するためのプラットフォームを提供します。

3) 魅力的な税制の枠組みと広範な貿易協定

シンガポール政府は、27ヶ国と21以上の自由貿易協定(Free Trade Agreement, FTA)、76の包括的二重課税回避協定(Double Tax Agreements, DTA)を締結しています。これらの協定は国境を越えたビジネスや取引を促進し、貿易、投資、技術的なノウハウや専門知識の流れに対する課税障壁を最小化することを目的として、キャピタルゲインや配当課税がなく、源泉徴収税も低いため、シンガポールは会社設立に最適な国です。

また、シンガポールは世界で最も魅力的な法人税体系を備えており、課税所得に対する法人税の最高税率は17%です。限界税率は世界で3番目に低いものの、様々な制度を考慮した実効税率は他国より低くなっています。

全体として、シンガポールは領土政策に基づく累進課税の枠組みがあり、個人や企業は、都市国家で発生した所得と、国外からシンガポールに送金された所得に対して課税されます。

2003年以降、政府はウェルスマネジメントのハブとしての魅力を高めるため、適格な外国源泉の送金所得に対する課税方針を段階的に緩和しています。シンガポールに拠点を置く持株会社や本社は、直接保有する海外子会社からの配当をシンガポールに無税で送還することができます。海外子会社が実質的な経済活動を行っているが、この免税の適格条件を満たすことができない場合、特定の免税を申請することができます。

また、多国籍企業のシンガポールへの本社移転を奨励するため、経済開発庁は地域本社(regional headquarters、RHQ)および国際本社(international headquarters、IHQ)に対する優遇措置を設けています。

最も重要なのは、シンガポールの個人課税構造が累進的であるということです。限界税率はゼロから22%で、居住者はさまざまな軽減措置を利用できるため、実質的な支払額を抑えることができる仕組みになっています。

4) 生活の安全性が高く、強力な法制度の恩恵

シンガポールは東南アジアで最も安定した政治環境を持ち、起業家や投資家に強い安心感と快適さを提供しています。また、アジアにおける多彩な食事や娯楽の選択肢、世界水準の教育システム、質の高い医療機関など、家族を養うのに理想的な環境を備えています。さらに、国境を越えた紛争が発生した場合、シンガポールの世界的な仲裁施設としての評判を頼りにすることができます。

さらに、世界経済フォーラムは、シンガポールをアジアで最も優れた知的財産保護国として位置づけています。また、シンガポールは政治インフラや政策決定過程が健全であると評価されており、アジアで最も透明性が高く、安定したビジネス環境を享受している国としてランク付けされています。

IMDの世界競争力レポートによると、透明性が高く評価されているアジア地域の中で最も腐敗の少ない国でもあります。

5) 高い技能を持つ地元の人材プールにアクセス可能

ビジネス環境リスクインテリジェンス(Business Environment Risk Intelligence、BERI)レポートによると、シンガポールは労働力の生産性と一般的な総合態度の面で最高のランクを享受しています。効果的な企業ポリシー、一般的に働きやすい労働環境、魅力的な生活条件により、労働者のモチベーションが高いです。

この地域で最も熟練した労働力を確保できるのは、健全な教育政策、継続的なトレーニングプログラム、魅力的な移民政策によるものです。

雇用者と被雇用者の関係においても、シンガポールはより良い労働条件と高い生産性を享受しており、これは雇用者と被雇用者の間のよりオープンなコミュニケーションチャンネルと仲間意識によるものです。


まとめ

以上、シンガポールの経済、貿易、商業、投資、生活の質のシナリオに光を当ててきました。また、レジャーやスポーツのシーンも盛んで、成長を続けています。美食の面でも大きな魅力があり、活気あるダイニングやエンターテイメントシーンでは、ユニークなストリートフードとともにアジアでもトップクラスの料理が味わえます。また、温暖な気候のため、一年を通じてウォータースポーツやアウトドアスポーツを楽しむことができます。イースト・コースト・パークや植物園など、手入れの行き届いた緑地や運動施設も充実しています。

シンガポールは、世界経済の中でユニークな位置を占め、アジアのビジネスの中心地として極めて重要な役割を担っています。株式会社SeiRogaiは、シンガポールにオフィスを構え、アジアに拠点を置くことのメリットを、より深く理解していただけるようお手伝いをさせていただきます。

もっと読む

Column

SeiRogaiTVが拓く国際市場:日本コンテンツの新たな可能性

日本の魅力と想像力豊かなコンテンツが国際舞台で輝く時代が訪れました。

SeiRogai TVは株式会社SeiRogaiが提供する、日本の魅力を世界にアピールするためのプラットフォームです。

この記事では、SeiRogai TVの役割とその提供する利点に焦点を当て、日本コンテンツの未来を探り、文化、観光、ビジネスの新たな可能性を追求するSeiRogaiTVの魅力をご紹介します。

Column

海外進出の第一歩! 新たな市場を開拓するための多言語ウェブサイト制作ガイド

企業が海外進出するとき、自社サイトの多言語化は一番最初に考えますよね。

たとえいい製品を作っていても、顧客が企業サイトから情報を収集できる状態でなければ、効果的なマーケティングを行うことはできません。

今回は、多言語対応ウェブサイトを制作する方法について解説します。