English
Website

タイは3年連続で地域トップ!

東南アジアは2021年、2017年以来初めて100億ドルを超える株式デビューを記録し、タイは3年連続で 新規株式公開(Initial Public Offering, IPO)で地域をリードし、地元市場がその筋肉を鍛え上げました。

アメリカの経営コンサルタント会社デロイトは、タイが新規上場件数で地域を大きくリードしていることを示すデータを発表しました。2021年11月時点で、タイの企業や不動産信託など計35社が新規株式 公開(IPO)で42億ドルを調達しました。

一部のアナリストは、低金利が続くと予想される環境下で、債券などの代替手段が魅力的でなくなったため、この地域のIPOは投資家にとってより魅力的になったと述べています。

タイは2021年、国営石油コングロマリットの小売部門であるPTT Oil and Retail Business(PTTOR)の巨大IPOで、幸先のよいスタートを切りました。PTTORは2月のデビューで 16億ドルを調達しました。続いて、マイクロファイナンス会社Ngern Tid Lorが5月に11億ドルを集めてIPOを行いました。

これらの企業は、より高い投資を必要とする新しい戦略的方向性を追求しており、銀行部門の意欲 にはリスクが高すぎると思われるかもしれません。タマサート大学のパヴィダ・パナノン教授( 国際ビジネス)は、日経アジアとのインタビューで、「例えば、国際展開や地域展開、オンライン 小売やサービスなどです」と述べています。 今年初め、タイ証券取引所(SET)のPakorn Peetathawatchai総裁は、毎年30~50件、平均70億ドル以上のIPOを開催することを希望していると 述べています。

もっと読む

Column

SeiRogaiTVが拓く国際市場:日本コンテンツの新たな可能性

日本の魅力と想像力豊かなコンテンツが国際舞台で輝く時代が訪れました。

SeiRogai TVは株式会社SeiRogaiが提供する、日本の魅力を世界にアピールするためのプラットフォームです。

この記事では、SeiRogai TVの役割とその提供する利点に焦点を当て、日本コンテンツの未来を探り、文化、観光、ビジネスの新たな可能性を追求するSeiRogaiTVの魅力をご紹介します。

Column

海外進出の第一歩! 新たな市場を開拓するための多言語ウェブサイト制作ガイド

企業が海外進出するとき、自社サイトの多言語化は一番最初に考えますよね。

たとえいい製品を作っていても、顧客が企業サイトから情報を収集できる状態でなければ、効果的なマーケティングを行うことはできません。

今回は、多言語対応ウェブサイトを制作する方法について解説します。